2022年10月3日月曜日

ローカル駅からはじめる自転車散歩【JR北海道 函館本線 大沼公園駅】

 ゆっくり起きた予定の無い休日の朝、折り畳み自転車とともに列車に乗って、ふらっと思いのままにローカル駅で降りてみる。特別な観光地ではなく、普通に人が暮らし、働き、近所の公園で子どもが遊んでいる、なんの変哲もない町だけど、のんびり走ってみると、いろいろな発見や出会いがある。そんな、小径車だからこそのゆるい自転車散歩をお送りする連載記事。今回は、いつもの都心部を抜け出し北海道へ。函館本線の大沼公園駅からスタートします。


 

* * *

 

JR函館駅から函館本線で40分ほど。北海道南部にある大沼公園駅は1日の乗降客数は250人程度の単線駅です。しかしその歴史は古く、前進の臨時乗降場が設置されたのは1907年(明治40年)まで遡ります。


かわいらしい駅舎の大沼公園駅。みどりの窓口やコインロッカーもあります。

撮影の日、地元の方にお話を聞くことができました。

曰く、近年は電車の本数が減ったり、公園周辺地域への公的補助がなくなったりと、町が衰退するようなことばかり。それでもこの辺りはインバウンド需要で賑わっていたが、コロナ禍の打撃でいくつもの店が廃業してしまったとのこと。団体客を受け入れていた駅前の大きなレストランも、コロナ禍以降は休業中だそうです。

また、8月末にも長万部ー小樽間の廃止の方針が報じられましたが、北海道の駅がなくなるスピードにはすさまじいものがあります。駅逓所が鉄道に代わり、鉄道がバスになり、そのバス路線も廃止になり始めている北海道の交通の現状は、日本の山なりの成長曲線をはっきり示しています。

大沼にある山川牧場のミルクを使ったソフトクリーム。駅前のホテルなどでもいただくことができます。

この日走るのは大沼国定公園エリアにある、大沼一周サイクリングコース。駅前には観光客を狙ったレンタサイクル店がいくつかありますが、自分のロードバイクや小径車で走る人も複数見かけました。平坦なルートは一周14kmと距離も短めなので、何周もする人も多いようです。


5分ほどで駅前の賑わいを抜け、緑いっぱいの道に入ります。地面に落ちているのは……クルミ?


思わず「本当に?」と思ってしまう「通学路」の立て札。うらやましくもありますが。

ちょこちょこと駐輪場が設置されていて、近くにビュースポットがあることを示してくれています。

さっそく自転車を停めて、整備された道から沼のほうへ下ってみます。

すると目の前に広がる、大沼と北海道駒ヶ岳の絶景……!

語彙力を奪う眺め。わぁ~!

もともとは富士山のような整った山型(コニーデ型というらしい)だった駒ヶ岳ですが、度重なる大噴火で山頂が吹き飛ばされていまの形になったとのこと。噴火によって流れ出た泥流が周囲の川をせき止め、大沼・小沼・じゅんさい沼の3つの湖を作ったとされています。いまも活動期の活火山であることは、鋭く尖った山体からもなんとなく実感できます。

波打ち際にボトルが。お手紙でも入っているかと近づいてみると……

みんな大好きファンタグレープでした。ゴミは持ち帰りましょう。


クルマやオートバイでは聞こえない鳥のさえずりやセミの声を聞き、緑の香りや森に漂う動物のにおいを嗅ぎ、ゆっくり走っては何度でもペダルを止めて寄り道をする。これは確かにサイクリングにうってつけで、レンタサイクルが人気なのも頷けます。

そんなシチュエーションにあって、今回の相棒であるDAHON K3のさらなる圧倒的勝利を感じました。飛行機やバス、電車を乗り継ぐ輪行も苦にならない軽さと、カジュアル&ワイドな3段ギア。緩やかな坂もありつつぐんぐん漕ぎたい平坦路も多いので、道に応じてギアを変えられるのは心強い限りです。また、路面は少し荒れていたりいろんなものが落ちていたりするので、タイヤが細すぎないほうが安心して走れます。

大沼の湖底は土砂などの堆積物。風でかき混ぜられると濁りやすく、その分、空や山がくっきりと映るのだそう。

再び駐輪場を見つけたので、K3をスタンドに預けて木道を進んでみます。

木道に黄色い花びらが散っていて、木漏れ日と相まってとてもメルヘンな雰囲気です。



現場には写真以上の鬱蒼感があり、虫嫌いの方にはややオススメしづらいのも事実。山などで「耳元で不意のブーン」に遭遇することがありますが、あれで悲鳴を上げてしまうタイプの方はつらいかもしれません。

木道を彩るのはバレンギクの仲間でしょうか、黄色いハーブ系の花の周りでハチが忙しく働いていました。

木道の先に視界が開けると、再び駒ヶ岳が。今日はずっと、右に左に現れる駒ヶ岳とともに走る行程です。

踏切で止まってみると、線路の向こうにも「THE 北海道」な景色が広がっていました。

踏切の名前にもなっている「流山温泉」は2015年に廃業、同名の駅も2022年の3月に廃止となっています。


のぼりと木製の鳥居を見つけて立ち寄ったのは「駒ヶ岳神社」。噴火を繰り返す駒ヶ岳を鎮めるために1914年(大正3年)に建てられたもので、現在の場所には1973年に移されてきたそうです。

特筆すべきは境内にある大きな岩山です。

複雑な形をした巨大な岩。周囲にはロープが張られ、立ち入り禁止になっています。

山体崩壊を伴う大噴火により、大沼一帯は、崩落した火山体がなだれのように流れる「岩屑(がんせつ)なだれ」に襲われました。この岩屑なだれで残ったものが「岩屑なだれ堆積物」で、この辺りでは「流れ山」と呼ばれています。先ほど通過した踏切でも見たとおり、地名にも残っているのですね。

この神社の大きな岩もそうした噴火で生まれたもの。現地の看板によれば、石と火山灰のガラス質が溶け合った「溶結凝灰石」で、1641年(寛永17年)の噴火によるものだと伝わっています。

以前は岩石の下をくぐったり周囲の木道を歩いたりもできたようですが、2018年の落石によって現在は立ち入り禁止に。復旧の予定はなさそうで、自然環境を観光資源として整備し続けることの難しさも感じます。

しかし筆者と入れ違いに、地元の方らしき男性がお参りに来ている姿を目にしました。仕事の途中に立ち寄ったような様子もあり、地元で愛され続けているなら大丈夫、となんだか安心です。

あ、キツネが出るぞの標識!

鼻歌を歌いながら走っていると、道の脇のスペースに、地元ナンバーらしき車が複数停まっているのがふと目に留まりました。この辺り、何か面白いものがあるのかも……。ガードレールに自転車を預けて、車道から伸びる細い道を進んでみることにしました。

竹のような植物が茂っています。詳しくないのですがトクサってこれのことでしょうか。この先に一体何が――?

まぶしい!

ぽっかりと森が開けた先には、ゴムタイヤで立派な浮き桟橋が組まれていました。「うわ~!夢みたい!」と心の中ではしゃぎながらそっと足を踏み出すと、浮き桟橋が少しプカプカします。


釣り人のラジオからは軽妙なおしゃべりが聞こえていて、それが周囲の静けさをより強調しています。遠くに浮かぶ日傘を差した釣りボートも、なんだか西洋絵画の貴婦人のように見える……。あまりの穏やかな光景にちょっとクラクラしてしまいました。

「何が釣れるんですか?」とそっと声をかけると、釣り人は「ヘラブナとフナ、コイとかが釣れるんです」と教えてくれました。続けて「ヘラブナを狙っているんだけど、なかなか釣れないんだよね」とぽつり。難しいと聞きますもんね、がんばってくださいとお礼を言って先へ進みます。

電車はよく通りますが、その多くが貨物列車と特急です。愛らしい普通電車が見たければ時間を調べて狙うべし。

東西に長い湖の北側を走り、湖西側の函館本線沿いまで戻ってきました。線路と並走する道路は、その東をいま走ってきた大沼に、西側を小沼に挟まれています。


これはじゅんさい……ではなくスイレン。この公園では白のほかにピンクや黄色も見られるとのこと。

大沼公園駅に戻ったら、電車に乗る前にやりたいことがありました。

名物のお菓子をぜひいただいてみたかったのです。

パッケージ。

開けてみるとこんな感じ。小豆あんのほかに胡麻あんも選べます。

駅前には「大沼だんご」を売るお店がいくつかあります。お団子を串に刺さずにみたらしに浮かべているのは、湖面の浮島を模しているのだそう。明治創業のこちらを訪れた際はコロナ対応でテイクアウト販売のみ行っていて、お店の前のベンチでも食べられるようになっていました。

このお菓子、明治時代の北海道を舞台に青年とアイヌの少女が金塊を探して旅をする例の漫画にも登場して、さらに人気を博しているようです。

あんことしょうゆのダブル付けで実食。アイヌ語の「ヒンナヒンナ(おいしい)」を言ってみたくなります。

 

今回巡ったポイントと走行ルートです。約14kmの素敵な時間でした。江戸時代にはすでに遊覧船が走っていたというだけのことはあり、とくに観光地化されている大沼側の公園エリアは、船に乗っておいしいものを食べるだけならハイヒールでも楽しめそうです。公園内には複数ルートの散策路が整備されていますが、自転車通行は禁止なのでご注意を。筆者は自転車を置いて全散策路を制覇しましたが、小沼側の散策路「夕日の道」が自然に還りつつあるのにも一見の価値を感じました。自転車でも徒歩でもいろいろな楽しみ方があり、どのプランを選ぶかによって感じられるものが異なる大沼公園エリア。ぜひ時間をたくさんとって遊びに行ってみてください。お供にはやっぱり、アップライトなポジションで景色を見ながら走れる折りたたみ自転車がオススメです。


 

* * *

 

今回の「ローカル駅からはじめる自転車散歩」は如何でしたか?日本には全国くまなく駅があり、輪行すれば「楽に長距離を」「比較的安価に」移動でき、天候や体調の急な変化や機材トラブルにも対応できます。今回利用したDAHON K3は、3段変速を装備しながらも本体重量7kg台を実現した14インチコンパクトフォールディングバイクの理想形とも言えるモデルで、輪行に最適な1台です。DAHONでは様々な折り畳み自転車をラインナップしていますので、走行機能と折り畳み機能のバランスを考えながら直感的な好みも含め、自分にあったモデルを選んでください。

DAHONでは様々な地方のローカルな鉄道駅を起点にした自転車散歩(ポタリング)記事を連載しています。更新時にはFacebookTwitterでお知らせしますので、ぜひフォローをお願いします。また「ローカル駅からはじめる自転車散歩」のInstagramアカウントもぜひチェックしてみてください。

 

*使用車体
 DAHON / K3(Color:シャンパン
×ブラック)2022年モデル

*この記事で紹介している情報は、2022年9月時点の取材に基づいています。
*歩行者のいるところや細い路地などは押し歩きや迂回するなど、マナー優先でサイクリングを楽しみましょう。

2022年9月22日木曜日

イベント出展のお知らせ(アウトドアデイジャパン大阪2022)

 9月24日(土)・25日(日)の2日間、花博記念公園 鶴見緑地で開催される「アウトドアデイジャパン大阪2022」に出展しますので、お知らせいたします。


「アウトドアデイジャパン」は、アウトドアに関連した様々なコンテンツを、見て・触れて、その魅力を存分に体感できる国内最大級の "体験型・体感型" アウトドアイベントです。キャンプやアウトドアライフに欠かせない最新ギアやテクニカルウエアをはじめ、彩りを添える関連アイテムやアパレルファッション、モビリティとしてのクルマ・バイク・自転車、また、会場で楽しめるアクティビティ体験やフィールド情報など、アウトドアに関連した様々なコンテンツが満載です。
 

アウトドアデイジャパン大阪2022
開催日時:2022年9月24日(土)・25日(日)10:00~17:00
     *入場無料・雨天決行・ペットOK
開催会場:花博記念公園 鶴見緑地「パーゴラ広場・大芝生」
*イベントに関する詳細はアウトドアデイジャパン大阪2022公式サイトをご覧ください。
*新型コロナウイルス(COVID-19)の感染対策についてはこちらをご覧ください。


 
ご来場プレゼント!
当日DAHONのバイクを試乗のうえ、SNS(FacebookTwitterInstagram)でDAHONオフィシャルアカウントをフォローしている画面をご提示の方にもれなく、DAHONオリジナルデザインエコバッグ、ステッカー、アルコールスプレーをはじめとしたオリジナルグッズのいずれかをプレゼントいたします。ぜひDAHONブースにお立ち寄りください。



当日ご用意するDAHONの試乗車は以下のとおりです。
*一部展示のみの車体もあります。詳しくはブーススタッフまでお問い合わせください。
*製品のカラー・仕様は都合により変更されることがあります。*車体画像クリックで拡大します。
 

K3  Link→スペック等詳細
14インチコンパクトフォールディングバイクの理想形。3段変速を装備しながらも本体重量7kg台を実現。フレームへの負担を軽減させるDeltecテクノロジーを搭載。
Speeds:3
Weight:7.8kg
Wheel Size:14inch
Rider Height Range:142〜180cm
Folding Size:W65 × H59 × D28cm
Saddle to Pedal:Min 600mm Max 860mm

試乗車Color:シャンパン×ブラック


Horize Disc ホライズ ディスク Link→スペック等詳細
仕様、デザインともに他モデルとは一線を画したディスクブレーキモデル。ETRTO451に匹敵する極太タイヤが高いエアボリュームで安定感と走行感をもたらしてくれるアクティブバイク。
Speeds:8
Weight:12.0kg
Wheel Size:20inch(ETRTO 406)
Rider Height Range:142〜193cm
Folding Size:W85 × H68 × D43cm
Saddle to Pedal:Min 780mm Max 1050mm

試乗車Color:カーキ


Speed Falco スピード ファルコ  Link→スペック等詳細
精悍なルックスのクロモリフレームモデル。クロモリ特有のしなりとETRTO451ホイールがもたらす快適且つ伸びのある走りは「Speed」の名に恥じない性能を発揮してくれる。
Speeds:8
Weight:12.0kg
Wheel Size:20inch(ETRTO 451)
Rider Height Range:142〜193cm
Folding Size:W82 × H66 × D36cm
Saddle to Pedal:Min 680mm Max 950mm

試乗車Color:マットガンメタル


Boardwalk D7 ボードウォーク D7  Link→スペック等詳細
鮮やかなカラーリングがクロモリフレームに映えるヨーロピアンスタイルバイク。洗練されたデザインと街乗りに適した使用感からはエントリーグレードを超えた喜びが得られる。
Speeds:7
Weight:12.5kg
Wheel Size:20inch(ETRTO 406)
Rider Height Range:142〜193cm
Folding Size:W78 × H65 × D34cm
Saddle to Pedal:Min 675mm Max 945mm

試乗車Color:ヴィンテージブラック


D-Zero D-ゼロ  Link→スペック等詳細
DAHON創業当初リリースしていた初期型モデル、通称「OLD DAHON」をベースに、現代の仕様と組み合わせて復刻。ハンドポストのみ折りたたみできるセミフォールディング仕様。
Speeds:7
Weight:11.3kg
Wheel Size:16inch
Rider Height Range:142〜180cm
Folding Size:W136 × H63 × D19cm
Saddle to Pedal:Min 705mm Max 970mm

試乗車Color:クローム





*ご用意する試乗車は事情により変更になる場合があります。
*イベントの詳細については、アウトドアデイジャパン大阪2022公式サイトをご覧ください。

2022年9月8日木曜日

試乗会のお知らせ(西宮 / MOVE bicycles)

 9月10日(土)と11日(日)の2日間、兵庫県西宮市のMOVE bicycles(ムーブ バイシクルズ)において試乗会が開催されますので、お知らせいたします。


ミニベロ・折りたたみ自転車専門の同店は、気さくで知識・技術に優れたオーナーがおられることから、カスタムを目的としたお客様が遠方からも多数お越しになる信頼の高いディーラーで、店内には選び抜かれた車体・パーツがセンス良く展示されています。今回は同店がお勧めする2022年モデルの試乗車をご用意しますので、ぜひこの機会にお立ち寄りください。

開催場所:MOVE bicycles(ムーブ バイシクルズ )
     兵庫県西宮市久保町6-13 池ビル101 *Link→アクセス
     0798-38-5708
開催日時:2022年9月10日(土)・11日(日)10:00〜17:00
     *天候、日没に伴い変更の可能性があります。

 

当日DAHONのバイクをお買い求めの方には成約特典としてDAHONオリジナル『Slip Bag』、または『Saddle Bag』をプレゼントいたします。是非この機会にご検討ください。

ご成約特典-1:Slip Bag
車体全体を覆い、ファスナーで閉じる形状のため袋からタイヤ・シートポストが飛び出す事がありません。未使用時にはコンパクトに畳んでシートポスト・ハンドルバーに取り付けられます。
*参考Link → DAHONオリジナル輪行袋『Slip Bag』のご紹介

ご成約特典-2:Saddle Bag
マジックテープ式のベルト3点でしっかり固定するタイプ。携帯工具やパンク修理キットを収納できます。背面ロゴはリフレクトデカールとなっていて、後方からの夜間の視認性も高くなっています。
*参考Link → DAHONオリジナルバッグ アキボウ限定カラーのご紹介


 

ご用意するDAHONの試乗車は以下のとおりです。
*製品のカラー・仕様は都合により変更されることがあります。*車体画像クリックで拡大します。

K3  Link→スペック等詳細
14インチコンパクトフォールディングバイクの理想形。3段変速を装備しながらも本体重量7kg台を実現。フレームへの負担を軽減させるDeltecテクノロジーを搭載。
Speeds:3
Weight:7.8kg
Wheel Size:14inch
Rider Height Range:142〜180cm
Folding Size:W65 × H59 × D28cm
Saddle to Pedal:Min 600mm Max 860mm

試乗車Color:シルバー×ブラック


Dove Plus ダヴ プラス  Link→スペック等詳細
Simple is Bestの最軽量コンパクトバイク。シングルスピードに割り切った仕様で車体重量は6kg台の軽さとスーツケースサイズのコンパクトさで、新たなライフスタイルを提案してくれる。
Speeds:1
Weight:6.97kg
Wheel Size:14inch
Rider Height Range:142〜180cm
Folding Size:W62 × H56 × D30cm
Saddle to Pedal:Min 550mm Max 820mm

試乗車Color:ポリッシュ


Visc EVO ヴィスク エヴォ  Link→スペック等詳細
DAHONが誇るオールラウンドバイク。Re-Barテクノロジーにより高いフレーム剛性を確保し、ユーザーのハイレベルな要求にも応えられる唯一無二の存在。
Speeds:20
Weight:10.9kg
Wheel Size:20inch(ETRTO 451)
Rider Height Range:142〜193cm
Folding Size:W82 × H65 × D39cm
Saddle to Pedal:Min 700mm Max 950mm

試乗車Color:マンゴーオレンジ


Horize Disc ホライズ ディスク Link→スペック等詳細
仕様、デザインともに他モデルとは一線を画したディスクブレーキモデル。ETRTO451に匹敵する極太タイヤが高いエアボリュームで安定感と走行感をもたらしてくれるアクティブバイク。
Speeds:8
Weight:12.0kg
Wheel Size:20inch(ETRTO 406)
Rider Height Range:142〜193cm
Folding Size:W85 × H68 × D43cm
Saddle to Pedal:Min 780mm Max 1050mm

試乗車Color:カーキ


Speed Falco スピード ファルコ  Link→スペック等詳細
精悍なルックスのクロモリフレームモデル。クロモリ特有のしなりとETRTO451ホイールがもたらす快適且つ伸びのある走りは「Speed」の名に恥じない性能を発揮してくれる。
Speeds:8
Weight:12.0kg
Wheel Size:20inch(ETRTO 451)
Rider Height Range:142〜193cm
Folding Size:W82 × H66 × D36cm
Saddle to Pedal:Min 680mm Max 950mm

試乗車Color:マットガンメタル


Boardwalk D7 ボードウォーク D7  Link→スペック等詳細
鮮やかなカラーリングがクロモリフレームに映えるヨーロピアンスタイルバイク。洗練されたデザインと街乗りに適した使用感からはエントリーグレードを超えた喜びが得られる。
Speeds:7
Weight:12.5kg
Wheel Size:20inch(ETRTO 406)
Rider Height Range:142〜193cm
Folding Size:W78 × H65 × D34cm
Saddle to Pedal:Min 675mm Max 945mm

試乗車Color:チョコレート


D-Zero D-ゼロ  Link→スペック等詳細
DAHON創業当初リリースしていた初期型モデル、通称「OLD DAHON」をベースに、現代の仕様と組み合わせて復刻。ハンドポストのみ折りたたみできるセミフォールディング仕様。
Speeds:7
Weight:11.3kg
Wheel Size:16inch
Rider Height Range:142〜180cm
Folding Size:W136 × H63 × D19cm
Saddle to Pedal:Min 705mm Max 970mm

試乗車Color:クローム


Calm カーム  Link→スペック等詳細
モデル名の通り「穏やか」な乗りやすさを重視したバイク。サイズも身長に合わせて2サイズから選べるタウンユースモデル。
Speeds:7
Frame Size:[M] 460cm  [L] 500cm
Weight:[M] 10.7kg  [L] 11.6kg
Wheel Size:20inch(ETRTO 406)
Rider Height Range:[M] 156〜165cm   [L] 165〜175cm

試乗車Color:ギャラクシーストーン / 試乗車Size:L(500)



*ご用意する試乗車は事情により予告なく変更になる場合があります。
*試乗会の詳細については、MOVE bicyclesまでお問い合わせください。